Pocket

 Q.続時精算課税を選択して子に生前贈与をしたいと考えています。どんな財産を贈与すると有利でしょうか。

 A.賃貸用建物を贈与するのが効果的です。なぜなら,その建物が生み出す賃料収入も贈与できることになるからです。

〇解説:生前贈与するにあたって贈与すると有利な財産は?

建物を贈与すると賃料収入まで贈与できる相続時精算課税を選択すると、2千500万円までの贈与については非課税となり、それを超える部分については一律税率20%となります。なお、贈与財産の種類、金額、贈与回数に制限はありません。したがって、子が20歳以上であれば、どんな財産でも生前贈与することが可能です。しかし、相続時精算課税を選択して贈与した財産については、相続時に相続財産に加算して相続税を支払うことになります。

したがって、贈与にあたっては、その内容や金額について慎重に検討する必要がありますが、一般には、非課税枠2千500万円以下の相続税評価額となる賃貸用建物の贈与が有利であるといわれています。なぜなら、賃貸用建物を贈与すると、その賃料収入も移転できることになるからです。たとえば、Qさんが賃貸用建物(相続税評価額2千500万円)を子に贈与すると、Qさんには毎月の賃料収人が入らず現金が増えないため、相続財産をその分減らせます。

一方、子にとっては賃貸用建物だけでなく、そこから生まれる現金収入も移転してもらえるので、実質的には2千500万円以上の贈与を無税で受けられるうえ、賃料収人で納税資金を用意することもできるわけです。負担付贈与に注意!ただし、贈与する賃貸用建物について、借り入れが残っている場合には注意が必要です。このような場合に債務も一緒に贈与してしまうと、負担付贈与となり税金が増える場合があるからです。

負担付贈与とは、受贈者に一定の債務を負担させることを条件にした財産の贈与をいいますが、個人から土地や建物などの負担付贈与を受けると、贈与財産の価額(時価)から負担額を控除した価額に対して課税されることになります。すなわち、通常の贈与税の評価額は相続税評価額ですから、時価よりも安い価額で贈与できますが、負担付贈与にすると時価評価に上がってしまうのです。


家族で暮らすなら,環境が整った街がいいですね?さいたま市には,生活環境が整ったエリアが豊富。都内への通勤が便利,子どもが遊べる広い公園がある,教育機関が充実している・・・さいたま市には,「ずっと都内で暮らしてきたけど,結婚して子どもが出来たのを機に転居してきた」という方も多くいらっしゃいます。環境が整い,行政の子育て支援も充実しているさいたま市には一戸建てが沢山あります!そんなさいたま市で一戸建てを購入しませんか。

東京都で一戸建ての購入を考えている方はいますか?もしいましたら,ぜひ世田谷区の一戸建てについて確認してみましょう。世田谷区は神奈川県と隣接しており,また多摩川が流れている,自然豊かなエリアになります。都内なので、交通アクセスも良く、世田谷区は治安も良好。そんな世田谷区の一戸建てで新生活を始めるのはいかがですか?

東京都内でマンションを購入するなら,パークハビオ水天宮前がお勧めです。交通のアクセスに優れていて,治安も良いので人気物件が満載。駅の周辺にスーパーやコンビに,多くの商業施設が多数点在しています。その為、買い物関係で不自由を感じる事もありません。また、エリアには高級物件の数も多く,エリア内には高級ホテルもあるみたいです。江戸時代からの伝統工芸が有名な人形街も近く,尾高家を楽しめるスポットも満載!パークハビオ水天宮前で,新生活を始めませんか?

初めての1人暮らしは不安がいっぱいですよね。例えば、防犯面は大丈夫なのか、外装や内装は汚くないかなどがあるかと思います。特に学生さんは、通学の際に使用する駅やバス停などは、自宅から近い方がいいですよね!そんな時は、1人暮らし向けの賃貸物件情報を探すのがオススメですよ。物件情報の中には、暑い時期や寒い時期にピッタリなエアコン付きの物件やオートロックの物件などがあります。このように魅力溢れる物件がたくさんありますので、こういう暮らしがしたい!など自分に合ったお部屋を楽しく探せますよ。進学の為に1人暮らしをしようと思っている学生さんには、通学の際に便利な駅やバス停などが近所にある賃貸物件があったりと、物件情報を探すといい物件に出会えちゃう!