Pocket

Q.現在、82歳になる父、78歳になる母と同居しています。父の資産は自宅しかありませんが、東京都世田谷区に敷地480㎡、建物200㎡もあるので、-人つ子の私としては相続税がどれくらいかかるか心配です。自宅敷地の更地としての評価額は2億円、建物は3千万円です。

A.1次相続や2次相続で誰がどれだけ相続するかで納税額が大きく異なります。どうしたらよいか慎重に検討しましよう。

〇解説:自宅敷地には小規模宅地等の特例が使えるまず、現状で相続税の税額を計算してみます。

 自宅敷地についての評価方法には、「路線価方式」と「倍率方式」があります。路線価方式は、道路どとに1㎡あたりの路線価が千円単位で定められており、それに土地の面積をかけて評価額を求める方法です。都市部の主要な市街地については路線価が定められており、土地については路線価方式で評価することになります。一方、倍率方式は各市町村などが定めている固定資産税の評価額に一定の倍率をかけて評価額を求める方法です。路線価の定められていない地域については、この倍率方式で評価することになります。

 Qさんの場合、自宅敷地の相続税評価額は2億円とのことですが、自宅敷地を配偶者が取得した場合や、被相続人の同居親族が取得した場合については、小規模宅地等の特例が適用できます。ただし、被相続人と同居していなかった相続人が自宅敷地を相続しても、原則として、この特例は適用されません。Qさんのケースでは、Qさんは一人っ子で、かつ両親と同居しているので、240㎡までの敷地については80%の評価減となります。

 したがって、自宅敷地の評価額は1億2千万円にまで減額されます。これに建物の評価額3千万円を足すと、課税価格は合計1億5千万円となります。母親は配偶者の税額軽減で課税ゼ囗だがQさんには課税される相続人をQさんの母親とQさんとすれば、基礎控除額は3千万円+600万円×2人となるため、基礎控除後の課税遺産総額は1億800万円です。

 Qさんの母親については、配偶者の税額軽減により、法定相続分か1億6千万円までの多いほうの金額までは税金がかかりません。しかし、母親とQさんで土地・建物を1/2ずつ相続すると、Qさんには430万円の相続税が課されます。もちろん、Qさんの母親がすべての財産を相続し、配偶者控除を使うと、相続税はかかりません。

 しかし、相続したQさんの母親が亡くなると、相続人はQさんだけとなるため、その際には2千860万円もの相続税が発生します。安易に配偶者控除に頼らず2次相続も考慮した対策を両親の一方が亡くなったときを1次相続、もう一方が亡くなったときを2次相続といいます。1次相続でQさんの母親が全財産を相続すると、2次相続時の相続税額は2千860万円となります。

 しかし、1次相続でQさんが土地建物の半分を相続すれば、2次相続時の相続税額はゼロとなるため、1次相続と合わせても430万円だけで、その差は2千430万円にもなります。以上より、安易に相続税の配偶者控除に頼らず、1次相続時から2次相続への可能性も考慮して、しっかりと対策を立てることが大切です。


愛知県にある岡崎市でオール電化のある暮らしを送りましょう。岡崎市には自然が多く,市内には住宅街が並んでいます。そんな岡崎市で多いので,オール電化を取り入れている家庭です。自家発電をしてくれるオール電化は,停電の時にとても便利。お財布にも優しい為,生活費の節約にもなります。岡崎市で暮らす際は,オール電化生活が良いですよ!

そろそろ,親の老後の心配をしなければならない歳になっていましたよね?普通の老人ホームに入れるのは少し可哀想だが,自宅で親だけでの生活も厳しくなってい来たと感じるのであれば,有料老人ホームなどはいかがでしょうか?世田谷区にある有料老人ホームは施設はいつも綺麗ですし,従業員の対応も丁寧なので安心出来ると思いますよ。世田谷有料老人ホーム、ぜひチェックしてみてください。

兵庫県にある相生市は、自然と都会のバランスが取れているエリアです。
昔から工業都市として栄えてきた相生市は自然公園が多くあり,岬や丘陵地帯が今も残っています。
街は商業施設も多いですし,複数の電車路線が通っているので賃貸の生活も人気です。
生活の利便性が高く、自然が多い相生市で賃貸生活を始めてみるのはどうですか?