Pocket

 相続税は、亡くなった人(被相続人)の財産を、相続や遺贈(遺言によるもの)によってもらった場合に、取得した個人に対して課される税金です。相続開始から10ヵ月以内に申告・納税する必要があります。まずは課税価格を計算する各財産の価額を出す課税価格の計算は相続人ごとに、旧続や遺贈によって取得した財産の価額を出します。このとき、不動産や株式など現金以外の財産は、それぞれ定められた評価方法で価額を算出します。たとえば土地は、都市部だと路線価方式といい、道路ごとに1㎡当たりの価格が定められています(相続税路線価)。

この価格に土地の面積を掛けて評価額を出します。ただし、土地の位置や形状などに応じて評価額は調整されます。また、貸地は自用地(自己所有で完全所有権の土地)の評価額に地域ごとに、決められた借地権割合(借地権価格の所有権価格に対する割合)を控除した底地割合を掛けて求めます。

1.相続した宅地(借地権を含む)が、被相続人または生計を一にしていた親族の居住用や事業用に供していた場合は、一定面積までの部分は、通常の評価額から一定割合を減額する特例があります。

2.みなし相続財産の価額を足す次に、みなし相続財産の価額を足します。みなし相続財産とは、被相続人の死亡による生命保険金や死亡退職金等です。

3.非課税財産の価額を差し引く次に、非課税財産の価額を差し引きます。代表的な非課税財産には、生命保険金等があります。生命保険金等については500万円×法定相続人(未成年者、陣害者、同一生計者)の人数分が非課税財産となります。

4.債務・葬式費用を差し引くさらに、債務および葬式費用の額を差し引きます。

5.被相続人からの贈与財産を足す最後に、被相続人が亡くなる3年以内に被相続人から相続人に贈与された贈与財産を足して、各人の課税価格を求めます。

なお、相続時精算課税を選択して生前贈与を受けていた場合は、それまでの贈与財産を相続財産と合算することになります。このときに相続財産と合算する贈与財産の価額は、贈与時の評価額となります。相続税の総額を計算する課税価格を求めたら、次に、相続財産全体にかかる相続税の総額を計算します。

先に求めた各人の課税価格を合計します。次に、課税価格の合計額から基礎控除額を差し引いて、課税遺産総額を求めます。基礎控除額は、3千万円+600万円×法定相続人の数です。この場合、法定相続人の数は相続を放棄した人も含めます。

養子は、被相続人に実子がいる場合は1人まで、実子がいない場合は2人までを法定相続人の数に含めることができます。そして、この課税遺産総額を各相続人が法定相続分どおりに分けたと仮定して、各相続人の仮の遺産取得金額を算定し、これに相続税の速算表から求められる各人の仮の税額を求めます。この各人の仮の税額を合計したものが、相続税の総額となります。各相続人の税額を計算するの元となる数字を計算します。

先に求めた相続税の総額を、各人が取得する相続財産の比例配分割合に応じて割り振り、各人の税額を計算します。この場合の比例配分割合は、課税価格の合計額に対する各人の課税価格の割合です。

税額控除を行い、納税額を計算するこうして求めた相続人どとの税額から、各種の税額控除額を差し引いた残額が、各人の納付税額となります。相続時精算課税を選択して支払った贈与税相当額も、ここで相続税額から控除します。なお、被相続人の養子となった孫(代襲相続人を除く)は、税額控除額を差し引く前の相続税額に、その2割に相当する額を加算次に、各人が実際に納める税額する必要があります。


皆さんは趣味ってありますか?日々のストレスは趣味などを行う事により解消されることでしょう。仕事が忙しくてなかなか趣味を見つける時間がない!
そんな方は気軽に始められるキックボクシングを始めることをお勧めします。
キックボクシングって最近人気のスポーツってご存知ですか。ストレス発散にもなりますし,ダイエット効果も期待することができるんです。
雰囲気から始める事も可能なので,必要な知識について学ぶ必要もありません。
汗を流せば嫌な事も流れていくので,一度キックボクシングを始めることをお勧めします。
男性のスポーツというイメージがあるかと思いますが,最近は女性のクラスもありますので,気軽に楽しく始めれるでしょう。
まずはお近くのキックボクシングジムへとご連絡してみてください!

西宮市は土地を購入し,腰を据えて暮らのにオススメのエリアなんです。まず,暮らしていく上で不便を感じないほどに充実している商業施設もあります。
病院や公園もありますので子育てをするのにもありがたいような環境が揃っており,良い街と言うことができるでしょう。
そんな西宮市の土地情報について確認してみましょう!

マンションの購入を考えている方、奈良県でマンションを探しませんか?
観光地が多く、自然と都会のコントラストが魅力的な奈良県。
市内にはマンションが多く、商業施設も充実しています。
都心へのアクセスにも優れているので、奈良県のマンションなら快適な暮らしが送れますよ!